ロゴ
HOME>口コミ>導入してよかった!グループウェアのメリット

導入してよかった!グループウェアのメリット

メンズ

グループウェアという言葉を知っていますか。グループウェアとは、複数の関係者が業務を円滑に行なうサポートしてくれるソフトウェアの事をさします。導入することで、今までより生産性が向上したという声は後を絶ちません。実際にグループウェアを導入した人の声に耳を傾けてみましょう。

クチコミ

色々な機能がついているからいいですね(40代 男性)

現在、勤めている会社はグループウェアが完備されています。電子会議機能や社内メールの機能が実装されています。他には、総務から社内行事のお知らせのための掲示板や人事が人事回報を掲示する掲示板。社員にアンケートを取ることで社内行事や調査してデータを取る機能、来社する取引先の情報など様々な物が用意されています。これらの機能があるおかげで、社内行事の予定を把握することができ、会社が自分たちにアンケートを取ることで何を知りたがっているか。様々ことが貸与されているノートパソコンの上で掲示され、自分が把握することができるようになります。1番ありがたいのは食堂の献立が一ヶ月分記載されていることです。自分の好物があれば弁当を持たずに食堂を効率的に利用する予定を立てることができるからです。

操作しやすさで選びました!(50代 男性)

グループウェアを導入する前に説明を受けました。グループウェアを導入することで社員間のコミュニケーションを活性化させることができ、現場の情報をロスなく得ることができると聞きました。社内の掲示板に現場で問題ではないかと感じた物を書き込みます。それを担当者は情報として把握し、業務の改善に繋げることができると言う説明でした。しかし、自分のようなパソコンを使うことが苦手な者は使えなくなるのではないかと質問をしました。すると担当者は実際に動かしてみるように言いました。簡単な動かし方の説明を聞き、自分で動かしてみました。驚きました。とても操作しやすく、機能の切り替えもスムーズにできました。社員すべてが使う物なので操作性が重要という認識でしたが、自分で容易に実行することができたので素直に導入に賛成しました。